カテゴリ:ライヴ( 48 )
いいかんじに仕上がりました
3/2(金)の池上本門寺ライヴ、もうご予約はいただいてますか?

詳細はこちら>>

ご予約は
live@eight2one.com


さて、昨日最後のリハーサルがありました。

いい仕上がりです!


リハーサルの感じが当日再現できれば、、、

楽しみですね~


曲(「ノクターン」と「橋」)につける映像も完成しました。安達ロベルトによる写真です。
詳しくはこちら>>


■■■■■■■■
■■■■■■

池上本門寺
朗峰会館フライデーコンサート

安達伸幸「ノクターン」

■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■

2007年3月2日(金)開場18:00 開演19:30
(終演後は送迎マイクロバスあり)

池上本門寺・朗峰会館
東京都大田区池上1-2-1
電話:03-3752-3101
http://www.honmonji.or.jp/05topic/05event/fgc/FGC01.html

出演
 安達伸幸(Piano)
 清水達生(Percussion)
 小西浩子(Violin)
 齋藤英恵(Viola)
 宮澤 等(Cello)

写真家・安達ロベルトとして撮りためた心象風景の写真とともに、春の
夜に静かに染みいる音を奏でます。おぼろげな記憶の断片と、かすかに
ざわめく情熱の粒を感じてください。全曲オリジナル。

http://www.eight2one.com/
http://www.robertadachi.com/

■これまでのファンメールより■

「今回も来てよかったです。心地よいメロディーに、意表をつくエネル
ギッシュな展開。」(Aさん・女性)

「本当にすばらしかったです! 別に悲しい曲調ではないのに、たびた
び涙がこみ上げてきていました。まるで、私の中にある色んな想いと、
安達さんの音楽の波長が合った、そんな感じの瞬間でした。」
(Bさん・女性)

3,000円(ワンドリンク付)
6,000円(ディナー+ワンドリンク付・要予約)

席に限りがあります(特にディナーつきのほう)。ご予約はお早めに。
なお、ディナーは開演前にお召し上がりいただきます。

ご予約はこちらまで。
live@eight2one.com
[PR]
by eight2one | 2007-02-27 13:00 | ライヴ
アンコール
コンサートでは最後にアンコールをするというのが一種の慣例になっていて、特にもっと聴きたいわけでもないのになんとなく手拍子したりします。

でもときどき、本当にアンコールしたい演奏というのはあって、そういうときは、何曲アンコールがあっても興奮します。そのまま帰りたくない気分になります。

二つのコンサートを想い出します。

まずは、私が音楽を志す前にオーチャードホールで聴いた、坂本龍一さんのピアノトリオ(ピアノ+ヴァイオリン+チェロ)のコンサート。ワールドツアーに行ったあとの東京公演。いわば凱旋コンサート。

私がいまのような楽器編成を選んでいるのは、実はこのときのことが強く影響しているのです。

一曲目からやられました!

シンプルな編成なのに、そこから紡ぎ出される音の豊かなこと!

演奏は2時間以上あったと思いますが、それがあっという間に感じました。そのときはたしかアンコールが3曲あったと思います。

それから、モサリーニ&アントニオ・アグリ・タンゴ五重奏団のコンサート。

これにも度肝を抜かれました。聴いている間中興奮していました。

アンコールは「アディオス・ノニーノ」。ずるい!


さて、3/2(金)の私のライヴでは、(一部のファンの方には)とっておきのアンコールを用意しています。心底アンコールされるようがんばります。
[PR]
by eight2one | 2007-02-06 17:46 | ライヴ
やばい
やばいっす。


といっても、わるいことではありません。

3/2のライヴで、過去につくった曲のリメイク(リアレンジ)をいくつもしたくなってきたのです(どの曲かはナイショ)。

その間、根底に流れるものは同じでも、音楽にたいする意識やアレンジのスタイルはずいぶんと変わったのだと、さっきピアノを弾きながら思いました。とくに「エモーション」の扱い方が変わりましたね。

一度やりたいと思ったら、止められません。
しょうがないなぁ、やるしかないか。

でも、アレンジを早めに仕上げないとバンドのメンバーに迷惑をかけるし、ジレンマ。と言っている間もアレンジしろということなのですが。

がんばります。
[PR]
by eight2one | 2007-01-26 09:38 | ライヴ
3/2 池上本門寺ライヴ
先日、お世話になっているファンの方々や親しい方々にメールで詳細をお知らせしましたが、3/2(金)に池上本門寺でライヴを行います。

普段よくやっているライヴハウスのようなステージとは違う、ラウンジ風の会場で、ゆったりと演奏します。

おかげさまで、チケット売上は出足好調!!

今回はいいライヴになることを皆さん直感されているんでしょうね。すごい!!ありがとうございます!

まだ迷っている方も、↓でご予約をどうぞ。
live@eight2one.com

■■■■■■■■
■■■■■■

池上本門寺
朗峰会館フライデーコンサート

安達伸幸「ノクターン」

■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■

2007年3月2日(金)開場18:00 開演19:30
(終演後は送迎マイクロバスあり)

池上本門寺・朗峰会館
東京都大田区池上1-2-1
電話:03-3752-3101
http://www.honmonji.or.jp/05topic/05event/fgc/FGC01.html

出演
 安達伸幸(Piano)
 清水達生(Percussion)
 小西浩子(Violin)
 齋藤英恵(Viola)
 宮澤 等(Cello)

写真家・安達ロベルトとして撮りためた心象風景の写真とともに、春の
夜に静かに染みいる音を奏でます。おぼろげな記憶の断片と、かすかに
ざわめく情熱の粒を感じてください。全曲オリジナル。

http://www.eight2one.com/
http://www.robertadachi.com/

■これまでのファンメールより■

「今回も来てよかったです。心地よいメロディーに、意表をつくエネル
ギッシュな展開。」(Aさん・女性)

「本当にすばらしかったです! 別に悲しい曲調ではないのに、たびた
び涙がこみ上げてきていました。まるで、私の中にある色んな想いと、
安達さんの音楽の波長が合った、そんな感じの瞬間でした。」
(Bさん・女性)

3,000円(ワンドリンク付)
6,000円(ディナー+ワンドリンク付・要予約)

席に限りがあります(特にディナーつきのほう)。ご予約はお早めに。
なお、ディナーは開演前にお召し上がりいただきます。

ご予約はこちらまで。
live@eight2one.com
[PR]
by eight2one | 2007-01-24 11:36 | ライヴ
「さまよえる魂」お礼
昨日、渋谷サワディーで行われた「さまよえる魂」の再再再演は、好評のうちに終了となりました。いらしてくださった方、いらっしゃれなかったけれども応援してくださった方、ありがとうございました。

昨日は稀にみる温かいお客様で、出演者もたいへん気分よく演技ができたようです。再再再演にして過去ベストの演技だったと思います。私個人も心から楽しみました。

過去にご覧になった方も、口々に「結末は分かっていたのに、泣いちゃいました」とおっしゃってくださり、うれしく、そしてありがたく思いました。ある佐々さんファンの方も、「この芝居が彼女の演目の中でいちばん好き」とおっしゃってくださいました。

若干の脚本の変更や、新しい小ネタも楽しんでもらえたようで、今後も自信を持って再演していきます。できれば来年、地方公演を行い、東京でも再演できたらと思います。同時に、新たな音楽劇制作にもチャレンジします。

今後もご期待ください。
[PR]
by eight2one | 2006-09-24 13:14 | ライヴ
満員御礼
23日の「さまよえる魂」は、文字通りの満員御礼です。ありがとうございます。うれしいですね。大いに笑って、大いに飲んで食べてください。

なにせこのお店ではこの手のイベントは初の試みとのこと。18日にあらためて会場の下見をした結果、当初考えていたよりもお一人あたりのスペースが狭くなるかもしれないという懸念がでてきました。

お客さまには少々窮屈な思いをさせてしまい心苦しいのですが、その一方で、芝居がいっそう盛り上がるような気もしています。どうかご理解&応援、よろしくお願いしますね。

私が脚本を書く段階で考えていたのは、お客さまが芝居の一部になれる芝居です。拍手や笑いや声援が、この「さまよえる魂」では、重要なパートとして機能しているのです。

あ、全席自由ですから、良い席はお早めに!(開場14:30)
[PR]
by eight2one | 2006-09-20 11:07 | ライヴ
リハーサル or 稽古
昨日から「さまよえる魂」のリハーサル(芝居だから稽古?)がスタートしました。昨日はとにかく箱(会場)にあわせてちょっと変更した箇所も含めて、全体がスムーズに行くかどうかの確認に重点を置いてのリハーサルでした。

でもそんな心配はまったくもって無意味だったくらい、役者のお二人は初日にして既に安心できるレベル。特に、かねこはりいさんの「占い屋のクリスマス」は、これまでで最高におもしろく、しかも、ぐっときました。

佐々淑子(ひでこ)さんのおじいちゃんは、あいかわらず「じいちゃんをやらせたらこの人の右に出る役者はいない」と思わせるものでした。

ミュージシャンは、昨日はピアノの真木さんだけでしたが、新しい箇所もばっちり弾いてくれて、ほんと、真木さんは音楽劇に最高のピアニストですよ。

昨日はさすがにもう私もリハーサルでは泣かないと思ってましたが、不覚ながら最後にほろりといってしまいました。

しかし、何度観てもいいですね、この芝居。
[PR]
by eight2one | 2006-09-14 08:40 | ライヴ
空きが出ました!!
SOLD OUTになった音楽劇「さまよえる魂」、数席の空きが出ました。

いますぐご予約を!
info@eight2one.com

この芝居のおもしろさは、観ていただかないとなかなか伝わらないのですが、とにかくリピーター率の非常に高い芝居です。

過去に一度ご覧になった方で、今回もまたご予約くださった方がかなりの割合でいます。

すごい。そして、ありがとう!

私自身、脚本を書いて、稽古を何度もやって、同じストーリーを何回も観ているのに、毎回、笑い転げ、感動します(→決して手前味噌ではありません。それだけ、役者さん、ミュージシャンがすごいのです)。

あるお客様がこの芝居を観終えたあとアンケートに書いてくださった言葉です。


「上質な小説を読んだようでした。」


会場でお待ちしてます!


音楽劇「さまよえる魂」@サワディー渋谷道玄坂店
9/23(土)14:30会場、15:30開演
3,500円(ワンドリンク込み)
[PR]
by eight2one | 2006-09-08 17:28 | ライヴ
SOLD OUT
23日の「さまよえる魂」のチケットが、おかげさまで売り切れとなりました。ありがとうございます。ここから先はキャンセル待ちとなります。あしからずご了承ください。

さて、今回の再再再演の目玉は、

1)伊集院センセイの華麗なるお姿
2)久美子センセイのごく普通な新曲
3)健太郎の天使
4)健介おじいさんの新聞を読んでの一言

ご覧になったことのない方には、なんのことやらという感じでしょうね。すいません。

もちろん、以上のことをまったく気にしていなくても、楽しめます。
[PR]
by eight2one | 2006-09-04 10:58 | ライヴ
残りわずか!

音楽劇「さまよえる魂」

このブログでも何度かお知らせしております、音楽劇「さまよえる魂」の再再再演まで、1ヶ月となりました。チケットがほんとに残りわずかなので、予約はお早めに。
info@eight2one.com

■■■■■■■■■■

音楽劇「さまよえる魂」at サワディー渋谷道玄坂店

2006年9月23日(土祝)開場14:30、開演15:30
3,500円(ワンドリンク込)→終演後もおいしいタイ料理でお楽しみいただけます。

脚本・作曲・演出:安達伸幸
出演:佐々淑子(ひでこ)、かねこはりい
演奏:宮澤等(チェロ)、真木恭子(ピアノ)

■■■■■■■

音楽コメディー「さまよえる魂」、好評につき、再再再演。

二人の実力派俳優と二人の実力派ミュージシャンが、ここまでやっていいの?という演技と音楽で、あなたに至福のひとときをプレゼント。

今年の秋分の日は、「八郎潟音頭」で盛り上がりませう。

■あらすじ■

菅原健介おじいちゃんは、村民の文化意識を高めるべく「ハイラベル」な音楽会を開催するが、孫の健太郎は、出演を放棄して家出する。

家出したあと、長年占い師として生計を立てていた健太郎のもとに、クリスマスの晩に届いた初恋の人からのプレゼントとは・・・。

健介おじいちゃんは、生涯に3回しか自分でお茶を淹れたことがない。その3回を、おばあちゃんのツルとともに、面白おかしく、ときにクレージーに振り返る。
[PR]
by eight2one | 2006-08-23 11:32 | ライヴ



作曲家・安達の日記。写真は愛猫エミリオ。
by eight2one
LINKS
以前の記事
2014年 07月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
カテゴリ
rainscapes予告
ライヴ
ニュートラルライフ
よくある質問
作曲法
コーヒーと音楽
散歩
あいさつ
映画音楽
写真と音楽
BGM
雑記
作曲プラン
エミリオ
仏教
演劇音楽
レコーディング
ダンス音楽
時事
ことば
CM音楽
トレンディーなひと
マイブーム

不思議な話
音響
オーケストラ
YouTube
CD
最新のトラックバック
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
桑田のデビューは“ドラマ..
from スーパーサイヤ人
写真展「雨 rainsc..
from 安達ロベルトのモノクローム
写真展「雨 rainsc..
from 安達ロベルトのモノクローム
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧