カテゴリ:コーヒーと音楽( 16 )
ANAのコーヒー
先週末、大阪に呼ばれて行ってきました(アレンジしてくれたSくんありがとう)。

ここのところANAをよく使うのですが、ANAの機内で出されるコーヒーが氣になったので、ちょっと調べてみたところ、どうやらUCCと共同開発のコーヒーらしいという噂。

ネットでは辛口のコメントも見るANAのコーヒーですが、どうして個人的にはけっこう好きです。基本的にはコクのある風味ですが、ちゃんといやみのない程度の酸味もある、いいバランスのコーヒーだと思います。JALやJRの機内(車内)コーヒーより好きです。UAのスターバックスよりも。
[PR]
by eight2one | 2009-01-26 09:05 | コーヒーと音楽
フランスだけに
パリへは今回は音楽ではなく写真の用事で来たのですが、実際に来てみると、写真も順調ですが、音楽づくりへの意欲がふつふつと(フランスだけに仏々と?!)湧いてくるのであります。

不思議なものです。

周囲に理解者もいて、ある意味満たされた東京での生活では出てこない類いの表現欲が、パリでは出てきます。

この意識を忘れないうちに、今日はカフェに行ったり散歩したりして、インスピレーションを形にしていこうと思っています。
[PR]
by eight2one | 2007-11-19 17:12 | コーヒーと音楽
エスプレッソ
行きつけのカフェ「ポールバセット」のオーナーであるポールバセット本人がオーストラリアから来日するということで、店員さんに何日の何時ころに店にいる可能性があるか聞きつけ、先日、その時間に行ってみました。

彼はいることはいたのですが、席で他のVIPのようなゲストと談笑中。スタッフに聞いてみたところ、夜まではバーには入らないのではないかとのこと。

それでは何のために忙しいスケジュール(?)の間に行ったか分からないので、直接ポール本人に交渉。

「私たちはこちらの常連で、あんたのエスプレッソを楽しみに来た」

と伝えると、あっさり気前よく笑顔でバーに入ってくれました。

既に入っていたほかのお客さんの注文をすべてこなしてから、妻のカプチーノと私のエスプレッソを淹れてくれました。

「どう?オーケー?」

と聞く彼のエスプレッソは、一言で言えば「きわめてリッチ」。こんな「粘るような」コクのあるエスプレッソは初体験でした。

いやぁ、満足満足。これを飲んでバリスタの道に進んだ人が何人もいたのがよく分かります。


さて、そんな私も影響を受けやすいので、本日さっそく、彼の味を目標に、うちのマシンで久々にエスプレッソを淹れてみました。

家庭用の中では美味いエスプレッソが落ちるうちのマシンではありますが、はたして、最高級のマシン(マルゾッコ)を使った世界バリスタ選手権チャンピオンの彼の味には近づけるのか? ちょっと無謀に思える挑戦です。

まずは第一のショット。

うーん、軽い。軽すぎる。

昔ならこのくらいの味でで満足していたのでしょうが、ポールの味を知ってしまった私には、もうだめです。

タンピングに気合を入れてもうワンショット。

今度は、ショットグラスとデミタスカップと、両方に落としてみました。ショットグラスのほうは、ちょっとだけリッチになりました。しかし、まだまだだめ。

そして、第3のショット。

今度は、豆の分量を少し増やし、水圧が均等にかかるようにタンピング後の豆の表面をできるだけ均等にしてみました。

するとどうでしょう。

オッケー!かなりポールの味に近くなりました。

ちょっと満足!!

昔取った杵柄。私のエスプレッソの腕は、まだまだ健在でした。自画自賛。あはは。

d0010188_13505033.jpg

[PR]
by eight2one | 2007-08-06 14:02 | コーヒーと音楽
best coffee at home
今朝ほど、自己ベストのネルドリップコーヒーを落とせました。

毎日格闘すること1年半以上にしてはじめて、満足のいくものができました。

それは昨日、私のコーヒー師匠のお店で、師匠の点前をじっくり感得からかもしれません。やはり理屈じゃないんだな、心なんだな、きっと。

さて、この味を継続できるかどうか(笑)。
[PR]
by eight2one | 2007-03-24 07:56 | コーヒーと音楽
温度
今日のコーヒーは、いつになくおいしくできました。いつもと同じ豆、同じ水、同じ豆の分量、おなじ挽き方、であるのにです。

でも、いつもと違うことが、一つだけありました。

それは、お湯の温度。

今日はいつもより若干低めにしたのです。

すると、抽出されたコーヒーは、まろやかで、ほのかな甘みを感じました。

毎日、自宅でのおいしいコーヒーを求めて飽くなき試行錯誤を続けているのですが、今日また一歩前進。ささやかなしあわせ。
[PR]
by eight2one | 2007-02-07 14:12 | コーヒーと音楽
近所のカフェ
これまた以前からときどき足を運んでいながらまだ触れていなかった喫茶店。


「横濱屋」


仕事場から近所の飯倉交差点にあります。地下にあるため入り口以外の窓がなく、店内をタングステンでほのかにライティングしていて、いい雰囲気。

個人的おすすめはランチタイムのハヤシライス(食事メニューはこれ一種類のみ)。毎日これだけを作り続けているというシンプリシティがなせる深い味です。特に今日のはおいしかったなぁ。

デザートとコーヒーがついて1000円。

ブレンドは、おそらくキリマンジャロか東アフリカ系の豆がブレンドされているであろう、やや明るい印象の味。おいしいです。ランチタイムのピークをすぎていくと、マスターがブレンドのおかわりをサービスしてくれたりします。いつもありがとうございます。

ウェブサイトはないようです。ちなみに、かの有名なラーメン屋とは微妙に字が違います。
[PR]
by eight2one | 2006-10-19 15:21 | コーヒーと音楽
カフェ、その後
ときどき触れているカフェネタです。あいかわらずあちこち探索しておりますが、ひとつ、触れるのを忘れていた店があります。

ポール バセット
http://www.paulbassett.jp/

「バリスタ世界チャンピオンのポール・バセットと、パティシエ世界チャンピオンの辻口博啓とのコラボレーションによる新しいコンセプトのエスプレッソカフェ」

実はオープン当初から通ってました。でも、店内で飲むより、コーヒー豆やヨーグルト(うまい)、はちみつ(リッチ)、パンデピスというケーキ(無添加)、チョコ(繊細)なんかをテイクアウトして、家でたのしむことのほうが多いです。

最近コーヒー豆といえば、ストレートでもカフェオレでもエスプレッソでもいけるここのブレンドばかり買っています。

普段はお客さんが少ないので(銀座店)気分が楽なのですが、休日の混んでいるときなんかに行くと、混みに慣れてない店員さんがテンパっちゃって、かわいそうになります。

商品の格はスターバックスやタリーズよりはるかに上なのに、サービス面で劣っているのは、ファンとしてはくやしいです。混んだときのスタッフの導線はそれらのカフェが優れているので、ぜひ学びに行ってほしいなぁ。
[PR]
by eight2one | 2006-10-11 11:50 | コーヒーと音楽
コーヒー、その後
昨日は、コーヒーを飲みに近所の「モンスーンカフェ」に行きました。

ここは、前に友人が働いていたので、何度か足を運ぶうちに、一部の店員さんとは顔見知りになっています。そのおかげもあって、ちゃんと「個人として」接してもらえているので、居心地がいいです。

タバコは分煙ですが、風通しのいい空間なので、ほぼ問題なし。

コーヒーの味は、絶賛とまではいかずとも、まずまず。おかわりが自由にできるのがうれしいです。

もっともありがたいは、時間帯によっては、広いブース席に一人で座れること。ノートパソコンを広げて作業したりするのも、気分がいいです。


あと、よく行くのが、人形町にあるレトロなカフェ「越路」。

古き良き喫茶の雰囲気を残しつつ、常に新しいことを取り入れている雰囲気があります。ここは妻の職場が近いため、お茶よりも夜に食事をすることが多いです。

マスターのHさんはのサービスは最高ですし、オリジナルブレンドが実は好きで、最近は食後によく飲むようになりました。

禁煙ではありませんが、マスターが気を使って煙から遠い席を用意しくれたりもするので、ありがたいです。越路で仕事をするとはかどります。

でも、仕事場から遠いのがタマニキズ。
[PR]
by eight2one | 2006-08-05 12:18 | コーヒーと音楽
コーヒー飲みたい。けど条件つき

ずっとアレンジしていたら、むしょうにコーヒーが飲みたくなってきた。

でもいま豆切らしているんだよね~

ところで、ここのところモンモンと(?)考えているのは、どうしておいしいコーヒーを出す喫茶店は禁煙じゃないんだろということ。

安いJTのタバコから出る煙のないところでうまいコーヒーが飲みたい!

「安いJTの」と限定したのは、ワタクシ、パイプやシガーの煙は苦にならないんす。わがままに聞こえるかもしれないけど、事実そうなんす。あくまで推測ですが、タバコの「紙」が燃えるときの煙が苦手なんじゃないかと思うんすね。

じゃぁスターバックスやタリーズにすれば?と言われそうすが、なんか都内の見下すように形式的に客に接する店員さんたちに疲れてきたんすよ、最近。

コーヒーおいしくて、禁煙で、店員さんがちゃんと個人として接してくれるお店は近所にないかぁ。
[PR]
by eight2one | 2006-08-02 23:02 | コーヒーと音楽
ワールドオブカップ
World of Cups.
ワールドオブカップ。

サッカーの話題ではありません。

「器」の話です(だまされた?)。


日々コーヒーを飲んでいると気づくことがあります。それは、


「器によって味がかわる」


ということです。

同じコーヒーポットに落としたコーヒーを複数のカップにいれてみると、器ごとに味がかわるのです。

えー、こんなにちがうのー、というくらいかわります。試してみてください。

シアトル系のコーヒー店がはやらせたプラスチックのタンブラーを最下位に(あのプラケースよりは紙カップのほうがうまいと思う)、上を探し続けるとキリがありません。

いまは、仕事場でお客さんに出せる器と、私が普段使いにする器を探しています。

こればかりは、買って使ってみないと分かりません。あー、青山の備前焼の喫茶店に行きたくなってきた。あそこなら飲んで試せますから。

そうそう、ついでに言うと、エスプレッソを落とすとき、ショットグラスによってもエスプレッソの味はかわります。すっぱくなったり甘くなったりします。


器の世界(ワールドオブカップ)も、底なしです。
[PR]
by eight2one | 2006-06-13 10:36 | コーヒーと音楽



作曲家・安達の日記。写真は愛猫エミリオ。
by eight2one
LINKS
以前の記事
2014年 07月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
カテゴリ
rainscapes予告
ライヴ
ニュートラルライフ
よくある質問
作曲法
コーヒーと音楽
散歩
あいさつ
映画音楽
写真と音楽
BGM
雑記
作曲プラン
エミリオ
仏教
演劇音楽
レコーディング
ダンス音楽
時事
ことば
CM音楽
トレンディーなひと
マイブーム

不思議な話
音響
オーケストラ
YouTube
CD
最新のトラックバック
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
桑田のデビューは“ドラマ..
from スーパーサイヤ人
写真展「雨 rainsc..
from 安達ロベルトのモノクローム
写真展「雨 rainsc..
from 安達ロベルトのモノクローム
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧