<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ポッドキャスト
今日、振付家/ダンサーの増子浩介さんhttp://kosuke-masuko.com/と、12月の舞台の音楽を打ち合わせてきました。

いい舞台になりそうです。

音楽にもかなり力を入れてますので、名古屋近郊の方はぜひ観に(聴きに)いらしてください。

12/20-21
 文化庁 現代舞踊公演2006(増子浩介氏の音楽を担当)
 20日(水)19:00
 21日(木)14:00, 19:00
 会場:愛知県芸術劇場 小ホール
 入場料:各2,000円 (全席自由) 9月15日発売開始
 主催:文化庁 制作:(社)現代舞踊協会
 発表作者:杉江良子・増子浩介・平山素子・倉知外子

で、その増子さんのブログhttp://kosuke-masuko.cocolog-nifty.com/で、まもなく私とのインタビューをポッドキャスティングしてくれることになっています。音楽を志すまでの話や、ライヴ、写真の話題にも触れいています。ぜひ覗いてみてください。
[PR]
by eight2one | 2006-10-27 21:59 | ダンス音楽
ようやく
おそらく最も得意な形態なのにいまだに書いたことのなかった「弦楽四重奏曲」をようやく書く気になってきました。

弦楽四重奏って、ライヴで聴くとかなり迫力あるのですが、録音だとタイクツになりがちです。好んで弦楽四重奏のCDを買う人が少ないのは、この辺の事情があるのかもしれません。私も同様の理由で、生演奏を前提に書くつもりです。

今回は、センチメンタルな感情をできるだけ排除し、可能な限り音を削り落とした曲づくりを目指します。

と同時に、来年のライヴに向けたピアノカルテット(ピアノ+弦三本)のための曲づくりもそろそろスタートします。

こちらも同様、非常にミニマルな音づくりを心がけます。

以前から自分の適性は、複雑なものを削って削ってシンプルなものに凝縮していく点にあることはよく分かっていたはずなのに、逆の才能へのコンプレックスか、それともないものねだりか、それにエネルギーを集中させることを自らわざわざ拒んできました。

でもようやく、適性に集中する気になりました。

ずいぶんと回り道しましたが、きっと必要なプロセスだったのでしょう。
[PR]
by eight2one | 2006-10-25 12:51 | 作曲プラン
近所のカフェ
これまた以前からときどき足を運んでいながらまだ触れていなかった喫茶店。


「横濱屋」


仕事場から近所の飯倉交差点にあります。地下にあるため入り口以外の窓がなく、店内をタングステンでほのかにライティングしていて、いい雰囲気。

個人的おすすめはランチタイムのハヤシライス(食事メニューはこれ一種類のみ)。毎日これだけを作り続けているというシンプリシティがなせる深い味です。特に今日のはおいしかったなぁ。

デザートとコーヒーがついて1000円。

ブレンドは、おそらくキリマンジャロか東アフリカ系の豆がブレンドされているであろう、やや明るい印象の味。おいしいです。ランチタイムのピークをすぎていくと、マスターがブレンドのおかわりをサービスしてくれたりします。いつもありがとうございます。

ウェブサイトはないようです。ちなみに、かの有名なラーメン屋とは微妙に字が違います。
[PR]
by eight2one | 2006-10-19 15:21 | コーヒーと音楽
カフェ、その後
ときどき触れているカフェネタです。あいかわらずあちこち探索しておりますが、ひとつ、触れるのを忘れていた店があります。

ポール バセット
http://www.paulbassett.jp/

「バリスタ世界チャンピオンのポール・バセットと、パティシエ世界チャンピオンの辻口博啓とのコラボレーションによる新しいコンセプトのエスプレッソカフェ」

実はオープン当初から通ってました。でも、店内で飲むより、コーヒー豆やヨーグルト(うまい)、はちみつ(リッチ)、パンデピスというケーキ(無添加)、チョコ(繊細)なんかをテイクアウトして、家でたのしむことのほうが多いです。

最近コーヒー豆といえば、ストレートでもカフェオレでもエスプレッソでもいけるここのブレンドばかり買っています。

普段はお客さんが少ないので(銀座店)気分が楽なのですが、休日の混んでいるときなんかに行くと、混みに慣れてない店員さんがテンパっちゃって、かわいそうになります。

商品の格はスターバックスやタリーズよりはるかに上なのに、サービス面で劣っているのは、ファンとしてはくやしいです。混んだときのスタッフの導線はそれらのカフェが優れているので、ぜひ学びに行ってほしいなぁ。
[PR]
by eight2one | 2006-10-11 11:50 | コーヒーと音楽
ディープインパクト、残念
ご存知のように、我々が期待しすぎたディープインパクトが、三着に敗れました。これが並の馬なら「健闘」と言われるのですが、日本競馬界過去最高の馬で勝てなかったのは、微妙なところです。

武騎手は、悔しいでしょう。本来の走りではなかったのですから。武ちゃんのレース後のコメント。
 
「まだレースが終わったばかりで、言いにくい部分はあるんですが、本来の彼の走りではなかったと思います。いい仕上がりだったんですけど、今日は難しいところがあった。今までのように走って負けたんだったら『世界にはこんなに強いヤツがいたんだ』と思うんですけど。うーん……」

敗因についていろんな憶測が飛び交っていますが、誰も気にしていないけれど私が気になったことがあります。それは、

「首が上下に振れすぎていた」

ということ。

もともと多少は首を上下に振るタイプの馬ですが、過去のレースを見ても、今回の凱旋門賞ほどは振れていません。

はたしてこれが真の敗因なのか、素人の私には分かりませんが、人間の陸上選手に走るフォームがあるように、馬にもベストなフォームがあるのなかなとも思います。

昨晩のディープインパクトは、私から見ると、はしゃいで楽しそうでした。だから、解説の岡部さん(たしか)が言っていたように、もしかすると、伸び伸びした欧州の牧場で、競争心を忘れてしまったのかもしれません。
[PR]
by eight2one | 2006-10-02 15:18 | 雑記



作曲家・安達の日記。写真は愛猫エミリオ。
by eight2one
LINKS
以前の記事
2014年 07月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
カテゴリ
rainscapes予告
ライヴ
ニュートラルライフ
よくある質問
作曲法
コーヒーと音楽
散歩
あいさつ
映画音楽
写真と音楽
BGM
雑記
作曲プラン
エミリオ
仏教
演劇音楽
レコーディング
ダンス音楽
時事
ことば
CM音楽
トレンディーなひと
マイブーム

不思議な話
音響
オーケストラ
YouTube
CD
最新のトラックバック
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
桑田のデビューは“ドラマ..
from スーパーサイヤ人
写真展「雨 rainsc..
from 安達ロベルトのモノクローム
写真展「雨 rainsc..
from 安達ロベルトのモノクローム
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧