<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
終了、そしてつづく
昨晩、新国立劇場で「Destination」が上演されました。

いやー、楽しかった。

ダンスを「食う」くらいのつもりで望んだ生演奏。私も含めた演奏家は、お客さんからのエネルギーを受けて、リハーサルでは一度もなかったくらいの熱い演奏ができました。

ほかのグループがすべて、「リアル」な肉体に「バーチャル」な音楽(つまり録音)を組み合わせて使っていたの対し、我々だけは、どちらも「リアル」を追求したわけです。

生身の肉体がやることですから、もちろん、誤差はあります。でもそれを含めて、私はクリエーターとして、そちらのほうにより創造性と意義と魅力を感じます。

ステージをつくりあげることは様々な困難があって、一般の方が想像している以上にたいへんなことなのですが、私はこれからも、ステージでリアルな人間がなにかを創造することにこだわっていきたいと思います。

来てくださった方々、ありがとうございました!

東京Bloody Foolのお芝居も、初日は満員御礼、好評だったようで、ほっとしています。
[PR]
by eight2one | 2007-08-31 11:00 | ダンス音楽
ダンスと演劇
音楽を提供したダンスと演劇が、明日から始まります(下記のエントリーをご参照ください)。

どちらもめちゃくちゃ楽しみです。

明日のダンスは、もしかすると、私が舞台の下の方で隠れて指揮をすることになるかもしれません。四重奏は小編成なので、通常は指揮なんていらないのですが、今回は照明とタイミングを合わせるために必要になりそうなんです。

客席でふんぞり返って観ているるつもりだったのが、一転、一緒にパフォームすることになって、それはそれでワクワクしてます。音楽を、そしてステージをつくり出す瞬間に関わることほど、創造的なことはないですからね。

もうちょっとチケットありますから、ぜひいらしてください。
live@eight2one.com

他方演劇は、裏方のスタッフも含めると、本当に多くの人々が関わっていて、その複雑に絡み合った関係性を、芝居というステージに昇華させるわけです。生身の人間が、生身の人間相手に演技で勝負する、なんとエキサイティングではないですか!

とくに今回の脚本とキャストは、それをある意味詩的に提示している気がします。ラッキーにもまだちょっとだけ席が残っているようなので、ぜひいらしてください!

感謝!
[PR]
by eight2one | 2007-08-29 10:18 | ダンス音楽
■ 8/30 - 9/2 東京 BLOODY FOOL 公演
新国立劇場のダンスとまったく同じ時期に、演劇企画集団 東京 BLOODY FOOL 第8回公演の音楽を担当してます。

奇才・奥田啓人の脚本から、これまでのハートウォーミングな要素が薄れ、観終わったときに、なんともいえない、そう、タイトルのごとく、砂を噛むような想いが残るような作品です。

音楽は昨晩完成!!!

第1回公演から音楽を提供していますが、一発オッケーは、第8回目にして実はこれがはじめてです(笑)。芝居にもう一つの次元を加える音になったと自負しております。

ぜひ観に、聴きにいらしてください。

********************

第19回池袋演劇祭参加公演

『だてうはゆっくりと砂をはむのだ。』

作・演出/奥田啓人

2007年8月30日(木)〜9月2日(日)
大塚 萬劇場(萬スタジオ)

前売=S席¥3,500/A席¥3,000
当日=S席¥3,800/A席¥3,300
全席指定

大貫 ゆうこ
吉川 亜紀子(テアトル・エコー)
川崎 初夏(タイムリーオフィス)
小島 幸子(マウスプロモーション)
鳥畑 洋人(劇団 昴)
遠藤 純一(劇団 昴)
三輪 学(劇団 昴)
松井 勇介(モーションジャパン)
木原 丹
桑島 貴洋
柳沼 宏
土屋 壮
山本 美幸
山田 智子
大貫 あおい ※子役

作・演出/奥田 啓人
舞台監督/上林 英昭
照  明/松本 大介(enjin-light)
音  楽/安達 伸幸
音  響/上原 全人
舞台美術/袴田 長武+鴉 屋
宣伝美術/寺井 正樹
制  作/宮崎 由
企画・製作/東京ブラッディフール

協 力

マウスプロモーション
劇団 昴
テアトル・エコー
タイムリーオフィス
モーションジャパン
ダチョウ牧場並木屋
[PR]
by eight2one | 2007-08-23 13:34 | 演劇音楽
■ 8/30 コンテンポラリーダンス

新曲が「新国立劇場」で演奏されます!!
コンテンポラリーダンス「Destination」のための書き下ろし曲です。

弦楽四重奏での生演奏です。
(変則的な編成。おもしろいですよ)

曲は、これまでになく激しく、切なく、、、
きっとお楽しみいただけることと思います。

包み込む光のようなハーモニーからスタートし、
苦悩→決断→闘いのモチーフへと、激しさを増していきます。

そして、クライマックスは..........!!!!


ダンスは増子浩介さんと土佐綾香さん。
増子さんと過去数年コラボレーションをしてきた「三部作」の最終章です。

土佐さんの美しい肉体の動きにも注目!!!
(本当に美しいですよ!)


この手のダンスで生演奏はほとんどありません。通常、録音です。
でも、これが生になっただけで、場の空気ががらっと変わります。

私自身、本番のステージを想像しただけでワクワクします。

ぜひ一度体験してみてください。
きっと、「クセ」になると思います。

もちろん、他の出演者のステージも楽しんでいただけると思います。

ダンスを生で観る機会のあまりない方、特におすすめです。
人間の身体って美しいと感じてもらえると思いますよ。

感謝を込めて
安達伸幸(安達ロベルト)

******************************

現代舞踊協会創立60周年(社団法人設立35周年)記念
第28回 現代舞踊フェスティバル

日時 2007年8月30日(木)開演18:00
(「Destination」は19:00前後スタートの予定です)
会場 新国立劇場 中劇場
   東京都渋谷区本町1丁目1番1号
   TEL : 03-5351-3011
全席自由 4,000円

■「Destination」

出演
増子浩介、土佐綾香

演奏
小西浩子(ヴァイオリン)、斎藤英恵(ヴィオラ)、宮澤等(チェロ)、澤井慶(コントラバス)

振付:増子浩介
作曲:安達伸幸


ご予約はこちらまで
live@eight2one.com

新国立劇場
http://www.nntt.jac.go.jp/

現代舞踊協会関連ページ(チラシ画像あり)
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/modance/sched/sched-pr.html#festival
[PR]
by eight2one | 2007-08-07 10:46 | ダンス音楽
エスプレッソ
行きつけのカフェ「ポールバセット」のオーナーであるポールバセット本人がオーストラリアから来日するということで、店員さんに何日の何時ころに店にいる可能性があるか聞きつけ、先日、その時間に行ってみました。

彼はいることはいたのですが、席で他のVIPのようなゲストと談笑中。スタッフに聞いてみたところ、夜まではバーには入らないのではないかとのこと。

それでは何のために忙しいスケジュール(?)の間に行ったか分からないので、直接ポール本人に交渉。

「私たちはこちらの常連で、あんたのエスプレッソを楽しみに来た」

と伝えると、あっさり気前よく笑顔でバーに入ってくれました。

既に入っていたほかのお客さんの注文をすべてこなしてから、妻のカプチーノと私のエスプレッソを淹れてくれました。

「どう?オーケー?」

と聞く彼のエスプレッソは、一言で言えば「きわめてリッチ」。こんな「粘るような」コクのあるエスプレッソは初体験でした。

いやぁ、満足満足。これを飲んでバリスタの道に進んだ人が何人もいたのがよく分かります。


さて、そんな私も影響を受けやすいので、本日さっそく、彼の味を目標に、うちのマシンで久々にエスプレッソを淹れてみました。

家庭用の中では美味いエスプレッソが落ちるうちのマシンではありますが、はたして、最高級のマシン(マルゾッコ)を使った世界バリスタ選手権チャンピオンの彼の味には近づけるのか? ちょっと無謀に思える挑戦です。

まずは第一のショット。

うーん、軽い。軽すぎる。

昔ならこのくらいの味でで満足していたのでしょうが、ポールの味を知ってしまった私には、もうだめです。

タンピングに気合を入れてもうワンショット。

今度は、ショットグラスとデミタスカップと、両方に落としてみました。ショットグラスのほうは、ちょっとだけリッチになりました。しかし、まだまだだめ。

そして、第3のショット。

今度は、豆の分量を少し増やし、水圧が均等にかかるようにタンピング後の豆の表面をできるだけ均等にしてみました。

するとどうでしょう。

オッケー!かなりポールの味に近くなりました。

ちょっと満足!!

昔取った杵柄。私のエスプレッソの腕は、まだまだ健在でした。自画自賛。あはは。

d0010188_13505033.jpg

[PR]
by eight2one | 2007-08-06 14:02 | コーヒーと音楽



作曲家・安達の日記。写真は愛猫エミリオ。
by eight2one
LINKS
以前の記事
2014年 07月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 01月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
カテゴリ
rainscapes予告
ライヴ
ニュートラルライフ
よくある質問
作曲法
コーヒーと音楽
散歩
あいさつ
映画音楽
写真と音楽
BGM
雑記
作曲プラン
エミリオ
仏教
演劇音楽
レコーディング
ダンス音楽
時事
ことば
CM音楽
トレンディーなひと
マイブーム

不思議な話
音響
オーケストラ
YouTube
CD
最新のトラックバック
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
桑田のデビューは“ドラマ..
from スーパーサイヤ人
写真展「雨 rainsc..
from 安達ロベルトのモノクローム
写真展「雨 rainsc..
from 安達ロベルトのモノクローム
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧